福祉介護施設ボランティア研修

【モデルプログラム】 研修先はサウスベイ地区の福祉介護施設!

レジデントのQOL(Quality of Life)向上を目的としたサポートメニューが充実の福祉介護施設

研修先は、サウスベイ敬老ナーシングホームなどの介護福祉施設。同施設は、1964年以来の活動実績を持つ非営利団体「敬老サービス」傘下に属し、団体主催の「ボランティアプログラム」活動を実践。「ボランティアプログラム」は、現在300人を超すボランティアが活動しています。施設内はカリフォルニア州免許を持つ看護士によるサポートに加え、日本人やアメリカ人ボランティアによるゲームや、お稽古、英語のトーキングセラピー、軽運動、また日系のヘアサロンスタッフによる定期散髪や各種慰問など、数多くのアクティビティーが実施されています。

研修内容は?

レジデント(ホーム住居者)の生活の質の向上と行き届いたケア実現のために、正規職員を補助しながら、アクティビティの実践、図書館運営、余暇活動、オフィス事務、特別プロジェクトなどに参加します。

---

英語は必要?

日系介護施設内でかつレジデント(ホーム住居者)も日本人の方が多いため、研修の場面では、英語は特に必要ありません。しかし、日系一世・二世の方へのボランティアですので日常生活会話程度ができた方が、より記憶に残る海外生活を経験できるはずです。

福祉介護施設ボランティア研修 参加可能期間

基本は年間を通じて参加可能。ただし、施設のスケジュールにより、参加いただけない時期が発生する場合があります。


©Copyright2007 Lighthouse Career Encourage Inc. All rights reserved.